一流ちゃん開始の銀座の街路コンをめぐってみました

街コン有名様が企画していたことに、初めて参加してきました。
参加費は、女性は1,000円、男性は3,000円。
成果と支払はインターネット上で完了しました。
マターは「有名業種パパ」。
但しその因子は、どこでも上場していれば可能、公務員も可能、といったパターンでしたので、有名以外の方もいらっしゃいました。

いざ行ってみると、案外お友達同士で参加しているお嬢さんが多かったのが意外でした。
戯言に聞いていたルート、まずは深い談話がまったくできない回転寿司自己紹介。
次にフリータイムで、回転寿司で気になった人のところに言い出しに行きます。
基本的に女性は座ったままで、男性の方が女性のもとへ動いていましたが、万が一!?倦怠になるよりは女性もどんどん動いた方がいいと思います。
最後にカップリング志望彼氏のナンバーを書いて、スタッフさんに渡します。
ただ、こういう会は、指名したクライアントとされたクライアントがはっきりわかって仕舞うシステムで、目の前のクライアントだったりすると気まずかっただ・・・。
せめて男女特別卓を移動してからとか、カップリングになった人だけが分かるとか、
そんな手配がほしかったなぁと思いました。

身は夫婦にはなりませんでしたが、不思議なもので、慌ただしい回転寿司や自由を繰り返していると「こういう中から選ばなくてはいけない」「何者を指名するか速く決めなくちゃ」とかという役目イメージものの感情が芽生えて来る。
指名と数字PRまで終わったときにふと、「普通だったらこの人選ばないな・・・」としてしまい、なんだか不思議な感覚がしました。

終了後、人によっては、夫婦にならなくても、会の途中で仲良くなったクライアントに帰りのエレベーターなどで話しかけて、喫茶店などに誘っていらっしゃるクライアントもいました。
馴染み同士で参加したお嬢さん類に、男子たちが同頭数のタッグを組んで打ち明け、複数人で飲みに行ってる感じもありましたので、会の終了後の方が熱いかも!?と思いました。銀行カードローンの審査が甘い秘密を大暴露!